- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト埼玉北

フィアット・アバルト124スパイダーのガラスコーティング〈熊谷市のお客様〉

熊谷市からお越しのお客様

ガラスコーティング施工専門店【リボルト埼玉北】です。

フィアット・アバルト124スパイダーの施工事例です。

124スパイダー1

メーカー:フィアット
車種:アバルト124スパイダー
登録:2020年新車
色:GRIGIO ALPI ORIENTALI 1974 シルバー

・ガラスコーティング(リボルト・プロ)
・窓ガラス撥水加工
・ホイールコーティング

 シャーシをマツダ・ロードスターと共用する兄弟車です。1.4Lターボエンジンをイタリアから輸入し、広島のマツダ本社工場でロードスターとともに一括生産されています。そんな唯一無二のアバルト・124スパイダーですが、2020年度に生産終了が決まっており、新車で手に入るのはディーラー在庫のみではないでしょうか!?

街中で試乗したことがないので走りに関しては分かりませんが、店内での移動の際に聞いたエンジン音は刺激的なサウンドで、4本だしのマフラーからもロードスターとは全く違った車である事が分かります。

さて今回のお車は新車で、納車前より店舗見学にてお打ち合わせをさせて頂き、納車後に直ぐにご入庫頂きました。ありがとうございます。お車の状態は、ディーラー様にてサービス磨きもあり、とても良い状態でのご入庫となりました。この状態の良いお車を更にもう一段階、極めるのは腕の見せ所です。

そんな新車の状態が良いお車には、新車肌に合わせた、リボルトグループの高度な下地処理技術【Revolt Adjust System】にて、必要最低限な磨きで最大限の美しさを作り出します。下地処理が終わったボディからは、新車特有の曇りも解消し、LED照明の輪郭もはっきりと分かるほどの仕上がりになりました。「コーティングの完成度は下地処理で決まる」ほど、とても下地よりは重要な工程となります。

次に行うのがコーティング作業です。ご用命の完全硬化型ガラスコーティング【リボルト・プロ】は、リボルトグループ最上位のコーティング剤(濃度100%・無溶剤)となっております。リボルト・プロの低分子量ガラス被膜は、約2~4μmという圧倒的な膜厚を確保できております。ガラスコーティングの施工後のお車は、汚れが付着しても落としやすく、洗車やメンテナンスがとてに簡単になります。

2層目の【トップコート】にはベースコートと同じく紫外線軽減(UVカット)効果があり、塗装の劣化を防ぎます。完全ガラス被膜とガラス繊維素によるデュアルプロテクションコーティング(2層)で愛車を守り続けます。

コーティングの施工範囲は専門店により標準施工が異なります。そこで当店では【施工範囲】を明記しており、お客様に安心して愛車をコーティングして頂けるように明確にしております。

施工後のお車は納得の艶感な仕上がりとなりました。引き取りに来られらオーナー様も「とても綺麗」と嬉しいお言葉を頂きました。コーティング後のお車は、当店からお渡しております【メンテナンスキット】を利用して正しく洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

▼フィアット・アバルト124の作業風景ブログはこちらよりご覧下さい
・下地処理【入庫報告/作業日誌】1日目
・コーティング作業【作業日誌】最終日

▼フィアット・アバルト124の施工後のYouTube動画をご覧下さい

ガラスコーティング施工専門店
【リボルト埼玉北】
〒362-0806埼玉県北足立郡伊奈町小室7049-1
TEL:048-731-8243 FAX:048-731-8245

お見積もり、お問い合わせ、ご質問はこちらからどうぞ

▼SNSでも情報を発信しております
リボルト埼玉北のfacebookはこちらより
リボルト埼玉北のTwitterはこちらより
リボルト埼玉北のInstagramはこちらより
リボルト埼玉北のYouTubeはこちらより

▼REVOLT/リボルトPV

施工時期:
2020年8月
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティングホイールコーティング窓ガラス撥水加工