- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト埼玉北

マツダ・ロードスター

練馬区からお越しのお客様

ガラスコーティング施工専門店【リボルト埼玉北】です。

マツダ・ロードスターNDの施工事例です。

ロードスター-1


【施工内容】
・ガラスコーティング(リボルト・プロ)
・ホイールコーティング
・窓ガラス撥水加工

1989年に登場したロードスターは、2019年で30周年を迎えました。NAに始まり、NB、NC、そして2015年に発売された現行モデルのND(4代目)は、「魂動デザイン」や「SKYACTIV(スカイアクティブ)」技術が新たに採用されています。ロードスターは、徹底した車体の軽量化や、前後50:50の重量配分など低重心化によって、最高の走りの楽しさを体感できるのが魅力です。エンジンは、第6世代のSKYACTIV-G1.5。1.5Lの直噴4気筒DOHC16バルブエンジン。最高出力97kW(132PS)/7000rpm、最大トルク152N・m(15.5kgf・m)/4500rpmに進化しています。トランスミッションには、新設計の6速MTを採用。燃費性能は、MT車で17.2km/Lを達成。ギネスにも登録されている世界で一番売れている国産オープンカーです。

さて、今回お預かりしたお車は新車登録より3ケ月経過したお車でした。納車から結構走ってるとオーナー様。ボンネット、フロントバンパーには数か所、飛び石により傷が見受けられました。また左サイドには擦りキズがあり、台風被害で付いたキズとのオーナー様。比較的軽度の擦りキズでしたので、通常の研磨にて問題なくリカバリーできております。

ロードスター-13

また新車特有の曇りも少なく、他は良い状態でのご入庫でした。リボルトグループ独自の高度下地処理技術である【Revolt Adjust System】を駆使し、ボディに極力負担を与えずに磨いてまいります。下地処理が終わったボディからは、マツダ車独自の塗装システム【匠塗】で仕上げられたマシーングレープレミアムメタリックが更に美しいカラーを引き出す事ができました。

次に行うのがコーティング作業です。ご用命の【リボルト・プロ】はリボルトグループ最上位のコーティング剤(濃度100%・UV軽減効果付)となっております。完全硬化型でガラス被膜の膜厚が十分に確保できます。研磨でも難しい深い傷なども、ガラスの膜厚で傷を目立たなくする効果もあります。未塗装部分(樹脂)も丁寧に塗り込みます。2層目のトップコートも紫外線軽減(UVカット)効果があり、長期間にわたり紫外線からもボディを守り続けます。

施工後は、マシーングレープレミアムメタリックのリアルな金属質感の美しさと、マツダの「魂動デザイン」が相まって、どこから見ても惚れ惚れする出来上がりとなりました。引き渡し時に来られたお客様は、「とても満足」と大変喜ばれておりました。コーティング後のお車は、当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用して正しく洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

マツダ・ロードスターの作業風景をブログにUPしておりますのでご覧ください。
ご入庫【作業日誌】1日目
下地処理【作業日誌】2日目
コーティング【作業日誌】最終日


施工後のYouTube動画をご覧下さい↓


ガラスコーティング施工専門店
【リボルト埼玉北】
〒362-0806埼玉県北足立郡伊奈町小室7049-1
TEL:048-731-8243 FAX:048-731-8245
https://www.revolt-saitama-kita.com/
revolt@revolt-saitama-kita.com

お見積もり、お問い合わせ、ご質問はこちらからどうぞ

施工時期:
2019年
施工内容:
リボルト・プロホイールコーティング窓ガラス撥水加工