- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト埼玉北

日産・セレナ(ハイウェイスター)

東京都からお越しのお客様

ガラスコーティング施工専門店【リボルト埼玉北】です。

日産・セレナハイウェイスターの施工事例です。

セレナ-0

【施工内容】
・ガラスコーティング(リボルト・プロ)
・窓ガラス撥水加工
・ホイールコーティング

人気のハイウェイスターの特別仕様車である「Vエアロモード」は、「ハイウェイスター Vセレクション」をベースに、フロントプロテクター、専用ダーククロムグリルと専用パワーウインドウスイッチフィニッシャー(グロスブラック)などのスタイリッシュで魅力的な装備を標準採用しています。専用エアロとメッキ装飾など正統派ミニバンに仕上がっているます。施工のお車のカラーはスーパーブラック、特殊クリア塗装の”スクラッチシールド”になります。日産スクラッチシールドの説明によりますと、「クリヤーコートに特殊高弾性樹脂を配合して柔軟性を向上させ、キズを付けにくくしています。また塗装の弾性によって、時間の経過とともにキズが復元していきます。」と記載があります。

さて、今回お預かりしたお車は、新車より6年経過した経年車です。スクラッチシールドの塗装状態はどうかと言いますと、かなりダメージがありました。新車から数年はスクラッチシールドの自己修復機能で綺麗なボディを維持出来ていたはずです。しかし、6年経過した今の塗装は、、、

セレナ-15

スクラッチシールドは塗装自体が撥水性で、染みになりやすい傾向にあります。
6年経過した今の塗装は、、、

セレナ-16

そしてこのスクラッチシールドの塗装の磨きには知識と技術が必要になります。傷が付きにくいとされる塗装ですが、研磨が通常の塗装よりも難しいと言われています。スクラッチシールドは完全に傷が消えるのでなく、小さな傷を付きにくくしてくれる印象です。スクラッチシールドと言えど、年数と共に傷もシミもどうしても付きやすい傾向にあります。そこで、最小限の磨きで塗装面を美しく見せる技術”Revolt Adjust System”にて下地処理を進めてまいります。下地処理が終わったボディからはスーパーブラック本来の艶と輝きを取り戻しました。

セレナ-12

セレナ-13

セレナ-14

セレナ-17

セレナ-18


次に行うのがコーティング作業です。ご用命の「リボルト・プロ」はリボルトグループ最上位のコーティング剤(濃度100%・UV軽減効果付)となっております。完全硬化型でガラス被膜の膜厚が十分に確保できます。今回のスクラッチシールドにも最適で、研磨でも難しい深い傷なども、ガラスの膜厚で傷を目立たなくする効果もあります。また2層目の、トップコートには紫外線軽減(UVカット)機能が加わり紫外線からもボディを守ります。「リボルト・プロ」と同様に、未塗装面やメッキ、未塗装樹脂パーツ、ライト類などを、しっかりと保護します。

施工後は、スーパーブラック本来の輝きを取り戻し、ダイナミックなエアロの車を一段とUPさせています。引き渡し時に来られたお客様はとても喜ばれ、早く家に帰って家族に見せたいと言っておられました。コーティング後のお車は、当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用して正しいセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

YouTube動画をご覧下さい。


ガラスコーティング施工専門店
【リボルト埼玉北】
〒362-0806埼玉県北足立郡伊奈町小室7049-1
TEL:048-731-8243 FAX:048-731-8245
https://www.revolt-saitama-kita.com/
revolt@revolt-saitama-kita.com

施工時期:
2019年
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティングホイールコーティング窓ガラス撥水加工